改善されない高血圧があった!

改善されない高血圧があった!

最近、特定のホルモンが原因で血圧が上がる高血圧というものが注目されています。
以前のためしてガッテンでも取り上げられていました。
これまでの高血圧の常識では判断できないので、とてもやっかいです。
いくら食生活や生活習慣を変えても、一向に血圧が下がっていかないのですから・・・

 

ホルモンが原因で高血圧の症状が出ている例として、原発性アルドステロン症というものがあります。
推定4000万人もの高血圧患者のなかで、3〜10%も含まれている可能性があることがわかってきました。

 

特有の症状がないため、通常の高血圧と思われがちで、
この病気であると気づかれない人が、まだ多数いると考えられています。

 

この原発性アルドステロン症については、次回詳しく見ていきたいと思います。