間質性膀胱炎の治療について

間質性膀胱炎の治療について

飲食物が大きな原因となる間質性膀胱炎の治療には、食事療法が欠かせないといいます。
まずは刺激物になっている食品を突き止め、
粘膜が修復するための時間を与えるようにしましょう。

 

また、一度よくなったとしても、粘膜の傷が解消されていないと、
再発する可能性もあります。
それには、水圧拡張術という手術が有効です。
そのほか、対処療法になりますが抗アレルギー薬が有効な場合もあります。

 

食事療法を始める際にはまず、食事日記をつけ、何が刺激物になっているか特定する必要があります。
症状が強く出た日に食べたものは数日控えてみるなどの対処を行ってください。
排尿日誌と合わせてつけると食材による頻尿傾向もつかめますし、よいと思います。

 

また、水をたくさん飲み、刺激物を薄めるのも効果的な方法です。