たばこの煙が周囲に与える与える影響

たばこの煙が周囲に与える与える影響

たばこを吸わなくても肺がんになる恐れがありますが、
喫煙が肺がんの原因を多く締めることには変わりはありません。
特に男性の場合は原因の七割を占めているのです。

 

たばこには4000種類もの化学物質が含まれています。
喫煙者はこれらの有害物質を灰の中に吸い込んでいるわけですから、
健康な細胞ががん化する確率が高くなるのも当然のことです。

 

また、たばこの煙にも発癌物質が含まれており、
現在わかっているだけでも43種類にも上ります。
しかもこの有害物質は吸い終わってから5分くらいは息とともに周囲に吐き出されてしまうのです。
たとえベランダや換気扇の下などでたばこを吸っていたとしても、
最低でも5分間はそこで待機してから移動しないと周囲の人たちも無害とは言えないのです。