口内炎の原因

口内炎の原因

食べるのも話すのもつらくなってしまう口内炎。
口内炎の原因には、2つのパターンが考えられます。
一つは、口の中をかんでしまうなどして傷ができ、傷からしみだす浸出液に口内細菌が集まって繁殖し、
炎症が起きて口内炎になるパターン。

 

もう一つは、原因不明のパターンです。
口の中の粘膜は新陳代謝を繰り返して再生していますが、疲労やストレスなどでその働きが低下すると表面が荒れてしまいます。
さらに悪化すると潰瘍になります。すると口内細菌が集まってきて、口内炎になってしまうというわけです。

 

普通であれば、最近は唾液の働きによって洗い流されるため、炎症は起きませんが、
ストレスなどにより唾液の分泌が減っている場合に、口内炎になってしまうのです。