口内炎の薬について

口内炎の薬について

口内炎の薬には、塗り薬と飲み薬がありますね。
ステロイド系の塗り薬を塗っても、なかなか良くならないなぁ。と感じたことはありませんか?
それもそのはず!この薬は痛みを和らげることが目的の薬で、
細菌をやっつける働きはないのです。

 

傷や潰瘍で細菌が繁殖すると、免疫細胞が集まってきて細菌と戦いを始めます。
この戦いで傷口の組織が破壊され、炎症が起こるのです。
つまり、これが口内炎の痛みの正体というわけです。

 

ステロイド系の塗り薬は、免疫細胞の戦闘モードを抑え、
細菌との戦いをやめさせることで組織がそれ以上破壊されないようにします。
この働きによって、痛みの症状を緩和させるのが役割です。
炎症の痛みがつらくて食事もままならないときなどに使い、
体力低下を防ぐのが本来の正しい使い方。
ステロイド系の塗り薬を使っても口内炎が治らないと思いがちなのは、
薬の効き目をしっかりと理解していなかったからなんですね。