首・肩の痛み

のどの痛みにもアルミホイルがききます。
しかしこの場合ののどの痛みというのは、炎症が原因のものではなく
ストレスによる循環不全からくるのどの痛み、不快感のことです。
また、ストレスからくるあごや舌の傷み、顔面痛などにも効果があります。

 

のどの痛みなどが片側の場合は、痛みのある方と同じ手に巻いてください。
全体に痛みを感じる場合は両手に巻きます。

 

巻く場所は中指の真ん中の節。
全体を覆うようにぐるりと2周程度してください。

 

痛みを感じたときに巻き、痛みが取れたら外してください。

 

この指巻アルミホイル健康法は基本的に安全な方法なので、
どんな方にでも安心してお試しいただける方法です。
治したい箇所が複数ある場合、2つほどの症状であれば一度に巻いても効果があるので大丈夫です。

続きを読む≫ 2013/11/06 16:35:06

目の疲れを解消するのにぴったりなのが指先の刺激です。
指先には目のツボが集まっています。
目が疲れたらすぐに刺激をして、疲れをためないようにするのがポイントです。

 

アルミホイルを巻く場合は、右目に疲れたら右手、左目なら左手の
両目ともつかれている場合は両手に巻くようにします。

 

巻く場所は、人差し指の先の節全体と
中指の先節全体を覆うように巻きます。指サックのようにすると言えばイメージしやすいでしょうか。

 

目の疲れを感じたときに巻き、改善されたなと思ったらはずしてください。

 

頭痛、耳鳴り、めまい、めまいからくる吐き気には、
中指の先端の節全体を覆うように巻くのが効果的です。
中指は頭部のツボが集中しています。
耳鳴りがする方の指に巻いてください。

続きを読む≫ 2013/11/06 16:34:06

手には全身のツボが集まっていると言われています。
特に指先は自律神経の働きと大きく関係している場所なので、
この部分のエネルギーが乱れることで血流が悪くなったり、
自律神経に影響を及ぼして、様々な不快な症状の原因となったりしてしまう可能性があります。

 

それを改善する良い方法に、アルミホイルを指に巻くというのがあります。
用意しるのはアルミホイルとハサミだけ。
指先に巻くだけで効果的にツボ刺激ができ、
パソコンなどの電化製品を長時間使う人にとっては、電磁波によって指先のエネルギーが乱されてしまっているので、それをアルミホイルで遮断するという意味もあります。

 

例えば首の痛み・こり、肩こりにお悩みの人は、
右の肩がこる場合は右手、左の場合は左手の
中指の一番下の節にアルミホイルを2周程度巻いてください。
最低15分ほど、この状態を維持します。
気にならなければ一晩、このまま巻いて寝てください。
翌朝に取ると効果抜群ですよ。

続きを読む≫ 2013/11/06 16:33:06